情報交換の通信

そのうえ、連続してUDPによって情報交換するとき、収容命令は伝達命令と一致しないかもしれません。
しかし、UDPの特徴は、処理コストが何もしないのと同じくらい非常に小さいということです。

あなたがネットワークのコミュニケーション内容か、コミュニケーション頻度か、信頼性か混雑によって接続タイプとデータ図タイプのどれを選ぶかは、決められます。
接続タイプに関しては、仮想通信線を製造するならばそれがデータの伝達順序によって受け取られるので、コミュニケーションは始めの文とかつてファイルを読むことながら点同上で可能です。
この仮想通信線は、水道管を画像化しなければなりません。
言い換えると、水道管の一端からデータを注ぐとき、注いだターンとともに、もう一つから出てきます。
したがって、きちんとしたデータ一対一を伝えるとき、回ります。
そのうえ、きっとアドレスにデータを送りたいときコミュニケーション失敗を発見して、カードを配るので、回ります。

他方、データ図タイプが仮想通信線を製造しないので、不必要である努力を、それはしません。
それは孤立して、データと同時移動を複数の点へ動かすために、ケースにふさわしいです。
しかし、信頼性に関しては、大きいデータを送るときそれが低いので、きっとデータを送る必要で、データ図タイプは、時間に不適当です。

TCP(伝送制御プロトコル)TCPはIPの上でコンピュータの間で仮想線を製造する接続タイプ通信プロトコルです。
そして、再びコミュニケーション失敗の時にそれを送って、回復のために行動します。
そのうえ、伝達ターンとコミュニケーション・データの受付転機を保証します。