インターネットの接続

接続タイプ・コミュニケーションとデータ図タイプ・コミュニケーションTCP/IPベースのインターネットのコミュニケーションはTCPを含みます。
そして、両方のUDP.The差の2つの方法は日常生活で使用に電話との郵便違いに等しいです。
電話に等しいTCPを接続タイプと言って、無接続(データ図)モデルで、UDPをメールに等しいと言います。

途中、電話と郵便違いは、何ですか?
あなたには、電話で同時にレシーバーがいなければなりません。
国際電話をします。
そして、パートナーは到着することでかなりの時間がかかります。
しかし、語はまだ話した語のターン通りのパートナーと連絡をとります。
他方、メールはパートナーの異なる仕事をするためにいつでもメールを送ることができます。
しかし、ターンに達するターンとメールしたパートナーは同意しないかもしれません。
そして、不運であるならば、メールは郵便に届かないかもしれません。

接続タイプ・コミュニケーションであるTCPは、コンピュータとコンピュータの間で仮想通信線を電話回線に等しくします。
そして、データ損失がコミュニケーションmore.Thereforeの間、起こるとき、パートナーはデータを送ったターンでそれを受けて、転送を行います。
接続タイプが信頼性によるコミュニケーションであると、言います。
他方、無接続タイプであるUDPは、TCPのような仮想通信線を製造しないで、同じデータを送ります。
したがって、たとえデータがUDPに関してはパートナーと連絡をとらないとしても、転送を行いません。