UDPというもの

UDP(ユーザ・データグラム・プロトコル)UDPは処理とコミュニケーション失敗の時点のコミュニケーション・ターンがUDPを使っている側に残されるIP.Recoveryで得られる頼みにならない通信プロトコルです。
しかし、それが単純なほどあまりコミュニケーションのために必要とされるほとんどコストがありません。

接続タイプ・コミュニケーションであるTCPのまわりで、それをこの本で扱います。
これは、信頼性が一般的なアプリケーション・プログラムで使用法への通信によってしばしば必要とされるからです。
そのうえ、TCPの実現の方法は改善されました。
そして、イントラネットのような小さなネットワークのための制限に関しては、TCPとUDPのパフォーマンス違いは小さくなります。

TCP/IPの意味それがいろいろな意味で使われるので、TCP/IPは注意を義務づけます。
狭義でインターネット・プロトコル(IP)とそれで得られる伝達支配プロトコル(TCP)を、指さします。
しかし、TCPとUDP通信プロトコル(e)を使った全体のために、通信プロトコル(SMTPとPOP3)のために通信プロトコル(HTTP)を含めたことは、しばしばより広い意味で使われて、IPと動く、それが心にあって、通信プロトコルとしてTCPだけでなくUDPも含むかもしれなくて、通信プロトコルの一般名として使われるかもしれません。
遠隔端末(TELNET)と電子メール(中でWWW)。